出費や借金が増えるとお金の大事さが身に染みるぜ

出費や借金が増えるとお金の大事さが身に染みるぜ

以前の僕は、毎月ごとに、給料日前になるとお金がなく困っていました。特に浪費している感覚はなく、大金を一回で使うようなこともなく、日常の生活する上での飲食代や間食などで出費をしているだけでした。

 

 

 

それにも関わらず、いつも月末になるとお金が無いような状態でした。

 

 

 

日常で生活する上で欠かすことができないのが、お金です。その必要なお金がないとするなら、わけもなく苦労をします。お金がなくなってくると友人や同僚との付き合いも控えなければならなくなりますし、断るときには、何か惨めな気持ちになります。

 

 

 

それに加えて、月末にお金がないということは、貯金もしていないということで、将来のことが不安になります。

 

 

 

 

このような状態から抜け出すために、なにか対策を取らなくては感じた僕は、まず手始めに自分がいつ、何に、どれだけ使っているのか把握すことにしました。家計簿とまで言わないまでも、支払いした時にもらうレシートをとっておく、レシートがない場合は、メモ帳や紙の切れ端でもいいので記録として残しておくことにしました。週末や時間のあるときにその記録を見返してみると、驚きです。

 

 

 

自分は浪費をしているつもりがなくても記録を集計してみると驚くべき金額を出費をしていたのです。後から振り返って考えてみると、100円、200円の細かな飲み物代などが積み重なって大きな金額となっていたのです。

 

 

 

そのような体験から、一息に無駄な出費を抑えようと節約に励んでみましたが、すごく大変な思いをして挫折しました。ですので今は、一気に節約するのではなく、2,3週間に一個ずつ、無駄遣いの出費をなくすように少しづつ習慣を変えるように努力しています。

 

 

 

この努力のおかげで以前と比べ給料日前にもお金が残るようになり、今までの無駄遣いを後悔しているところです。まだまだ無題使いと思える出費がありますが、気長に少しづつ変えていきます。

 

 

 

借金の経験があると何が変わるというと、自分のお金の価値観が大きく変わる気がする。

 

 

債務整理の中でも自分にあった法律を選ぶのは難しいですよね。特にお金を借りている状態で自分で選択できるほど容易なものではありません。

 

↓を参考にしてみてください。

 

任意整理?自己破産?自分にぴったりの借金解決法とは?

 

 

後ははっきりと破産に関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

破産の詳細

 

 

 

お金持ちになりたい!貧乏になりたい人なんて限りなくゼロに近いと思う。

 

 

 

現実的な話をするとお金持ちになるためにはリスクが常に付きまとうものだ。

 

 

 

芸能人、投資、ビジネス、歌、ダンス。直接的な金銭的リスクよりも人生で多くのリスクを払っているからこそたどり着ける極地があるんだと思う。

 

 

自分のガレージとか持てるとめっちゃかっこいいと思う。